あおもりくまブログアクセスカウンター

2017年8月9日水曜日

大量の鳥を追い払う

台風の後だからかスズメがいつもの10倍位集まってたので、雪はね(長い木の柄に大きなプラスチックのスコップがついたやつ)を振り回す。
これ1発で一見さん(9割)は驚いて遠くへ逃げる。残り1割にもとりあえず退散してもらうので更に振り回す。
はい、終了。

いつもスズメは暫くは近寄ってこないだけ。すぐにまた来る。以後、繰り返し。
スズメとカラスは学習能力が高いから、いつもの人が威嚇をしても、直接何かをされたわけではない場合には、敵視したりはしない。


ちなみにこれはカラスにも有効。威嚇してきたら真下に歩いていって、振り回すと逃げる。どうせハッタリなんで威嚇は無視。
特定の個体だけ相手にしたいのだが、鳥特有の習性があって、集団を作りやすい種類は、危害を加えずに追い払うことが出来る。

何故かと言うと、集団を作りやすい個体は基本的に臆病だから。
また、一度でも怖い目に遭ったら、その特定の何か(種族ではなく特定個体)を警戒する。もちろん、顔見知りで信頼をおける相手は別。

但し、馬鹿なハトにはあまり通用しない。
ハトには多分、直接攻撃しか警戒心を植え付けられないんじゃないかな。
わざと外して小石を投げて脅かしても、当たらないと知ると避けもしない。

0 件のコメント: